雇用の安定を目指して

社会情勢がこんなにも揺れ、不景気が長引く状況は長年の日本の歴史においても稀な社会状況なのではないでしょうか。国内では学校教育の崩壊や、若者の無気力、また高齢化の社会が一層拍車がかかっており、基本的に若い世代の人口も減っている状況です。このままでは、今ままで一生懸命払っていた年金がやっと自分の番になったときは、とうにその制度は崩壊している状況も否定できません。
将来の不安が明日の人生設計までも不透明にし、自分自身に対しても夢を追うことが出来づらい状況です。雇用形態も、変化に富むようになりました。正社員での終身雇用もなくなり、また実力主義のインセンティブ制度も歪みを生んでいます。会社としての制度そのものが揺らいでいるのです。
今回は正社員に限らず、雇用をどうすると維持できるか、自分の生活を維持できる水準を長年保てるかを調べて行こうと思います。この際、固定概念排除し、将来の展望として対応できるような展開にしていきましょう。

変貌と共に

「臨機応変」という言葉があります。ある一定のことに囚われず、その場の状況に応じて自分自身も変えていくということです。現状を見てみると、近頃の雇用形態にはこの言葉が最も適しているでしょう。世間体を気にしすぎて、転職を望まないのもいいですが、自分を変えたい、または社会情勢を読み身の振りを変えていくのも悪いことではないでしょう。そういった価値観の自由、または思い切っての変更や変貌も、今は必要になっているのです。
矛盾しているようですが、安定を手に入れるには自分自身が臨機応変に変わっていかなくてはなりません。安定志向とは、同じ事を繰り返し、価値観を変えずに進むということではないのです。今の世の中、立ち止まってしまっては逆に落ちぶれてしまうでしょう。それは安定を放棄してしまっているといっていいのです。
社会問題となっている雇用維持や形態においても同じことが言えるでしょう。今後は現在の日本市場を照らし合わせて、雇用維持についてみてみましょう。